レターセット|MATOKA,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , 紙製品・封筒 , レターセット,★訂正シール付きレターセット♪,176円,/domelike1068118.html,qtsoftware.vn,マトカ,ミーテ(Mite)アイコン 176円 ★訂正シール付きレターセット♪ ミーテ(Mite)アイコン レターセット|MATOKA マトカ 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 紙製品・封筒 レターセット 訂正シール付きレターセット ミーテ Mite アイコン ご注文で当日配送 レターセット マトカ MATOKA レターセット|MATOKA,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , 紙製品・封筒 , レターセット,★訂正シール付きレターセット♪,176円,/domelike1068118.html,qtsoftware.vn,マトカ,ミーテ(Mite)アイコン 176円 ★訂正シール付きレターセット♪ ミーテ(Mite)アイコン レターセット|MATOKA マトカ 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 紙製品・封筒 レターセット 訂正シール付きレターセット ミーテ Mite アイコン ご注文で当日配送 レターセット マトカ MATOKA

訂正シール付きレターセット 値引きする ミーテ Mite アイコン ご注文で当日配送 レターセット マトカ MATOKA

★訂正シール付きレターセット♪ ミーテ(Mite)アイコン レターセット|MATOKA マトカ

176円

★訂正シール付きレターセット♪ ミーテ(Mite)アイコン レターセット|MATOKA マトカ








大人女子に好まれるオシャレなデザインが充実している 新ブランド『MATOKA / マトカ』から レターセットが登場!

書き間違いを隠したり、絵文字のように文中に貼って使える、訂正シール付きレターセット。

『Mite / ミーテ』は イタリア語で「暖かい」「温厚」の意。
小さなモチーフがほっこり可愛いシリーズです。

* その他の【レターセット】は こちらから *

* その他の【ステーショナリー雑貨】は こちらから *

* その他の【ミーテ】シリーズは こちらから*

【商品仕様】
●内容:便箋 12枚、封筒 4枚(定形内)、訂正シール 18枚
●パッケージサイズ:W133×H185×D5(mm)
●原産国:日本
●OPP袋入り
*旧・ORANGE AIRLINES / オレンジエアライン
*大人 / おしゃれ / かわいい / シンプル


メール便(ゆうメール)をご利用の前にご確認ください

・「ゆうメール」は「A4サイズ程度」「厚さ3.0cm」未満の商品が対象となります。

・ご注文商品の送付先は、確実にお届けが可能な ご住所とお名前のご入力をお願い致します。


「ゆうメール」のメリット


・通常の宅配便より配送料が割安となっております。

・商品受け取り時のサインが不要で、ご自宅のポスト(集合ポスト)への 直接投函となります。
※ ご自宅のポストへは必ず、お名前の分かる表札をお付け下さい。


「ゆうメール」のデメリット


・「日時指定」ができず配達までに「約 3-7日」のお時間がかかります(土日曜/祝日=休配)。
・「追跡番号」が無く「後払い決済」もご利用いただけません。
・「破損・盗難」「住所間違い等での不達」「お荷物の遅延」の場合、一切の商品補償がございません。
※ 迅速さ・正確さ・補償を重視される場合は「宅配便(送料 650円-)」を お勧めいたします。



★訂正シール付きレターセット♪ ミーテ(Mite)アイコン レターセット|MATOKA マトカ

MENU

日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは

- About Japanese Association of Chiropractors -

日本カイロプラクターズ協会(JAC)は1998年3月に設立されたカイロプラクティックの業者団体です。倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)に加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本代表団体として1999年に加盟し、世界92ヶ国の代表の総意で決めたWFCの精神と政策を日本に伝え、実践を目指しています。

WFCの日本代表として、行政との折衝、国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究の実践を通して、我が国におけるカイロプラクティックの業務をWHO基準で発展させ、倫理規定を設けて自主規制を行い、国民が安心してカイロプラクティックを受けられるよう国内でのWHO基準に則った法制化の実現を目指して活動しています。2012年、独立行政法人国民生活センターから安全性と広告に関するガイドラインの作成を要請された後、日本広告審査機構や厚生労働省、消費者庁と連携しながら利用者の安全確保に努めています。また厚生労働省による統合医療推進事業を支援しています。